八尾市でアトピーなどアレルギー症状にお悩みの方は、ひととき整体院へご相談ください!

ひととき整体院


腰痛

皆さんは腰痛の原因をご存知ですか?

まず、腰痛とは腰からお尻のあたりにかけて痛かったり、しびれたり、突っ張ったり、不快感全てを腰痛と言い、坐骨神経痛も腰痛の一つに加えられます。そして、日本人が一生のうちに腰痛を経験する割合が80%を超えている事も調査で分かっているそうです。
その腰痛をレントゲンやMRIの画像検査で原因が特定出来るものとして、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折が代表的で、その他に頻度は少なくなりますが、感染症脊椎炎や病気からくる解離性大動脈瘤、癌の転移による脊椎腫瘍などでも腰痛を感じる事があります。さらに、生理痛や尿路結石なんかも腰痛を起こします。
ただ、この様な原因で起こる腰痛と言うのは、全体で約10%程だと言われています。残り85%の腰痛はレントゲンやMRIなどの画像検査では、実は、原因が特定できず、痛み止めの薬やブロック注射などで抑え込まれるだけになっているのです。
その85%の腰痛の原因の1つは、腰椎の機能的な問題(例えば、同じ動作を繰り返し負担をかける事や逆に変な姿勢を長時間続け腰の筋肉の血行が悪くなるなど)、もう1つが精神的ストレス等が脳の機能を弱らせ自律神経のバランスが不安定になる事で痛みを感じさせるという、この二つが改善されない限り、根本から良くなったとは言えないと、ひととき整体院では考えています。




ぎっくり腰になった時の質問

温めるのと冷やすのはどっちがいいのですか?

ひととき整体院の考えとして、炎症とは、修復作業の1つだと捉えていますので、よほどの事がない限り冷やす事はしません。なるべく、温めてあげて血行を良くし体が修復しやすい環境を作ってあげるためのお手伝いを心がけています。
温冷湿布を貼ると修復作業である炎症を無理やり抑え込んでしまう事になり、身体本来の持つ自然治癒力が働きにくくなってしまうのです。
ただし、どうしても仕事が休めない等の理由がある場合は利用されても構いません。また、この時、温湿布、冷湿布はどちらも消炎鎮痛成分が入っていて、患部を冷やすという効果は同じです。温湿布には唐辛子の成分であるカプサイシンが、冷湿布にはヒヤッと感じるメントールが含まれていて、自分が気持ちよく感じられる方を貼っていただければ結構です。



痛み止めの薬を飲んでもいいのでしょうか?

初期の状態であれば飲まれても構いませんが、胃が弱く胃潰瘍になった事がある方は注意して下さい。自力で歩く事が出来るようであれば服用せずに数日、安静にして、ご来院頂きますようお願いします。


骨盤ベルトやコルセットは付けた方がいいでしょうか?

付ける事で痛みが楽になり仕事や日常生活での不安感が解消されるのであれば付けて頂いて構いません。むしろ、初期段階では、骨盤周りが安定するまで保護してあげるといいでしょう。
ただし、装着する事が当たり前になってしまうと、骨盤周りの筋肉が弱くなってしまい、自分の筋肉で支えれなくなりますので、長期で使用する事はおススメしません。

ひととき整体院のご案内

住      所:
〒581-0085
大阪府八尾市安中町1-3-8
陽和ビル1F
アクセス:
大和路線JR「八尾駅」から徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
072-999-0111
受付時間:
9:30~19:30
定休日:
火曜日、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ